たわむれはおわりじゃ!

銀符律とかヴァイスとか中心に気ままに書く。不定期更新。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花単レシピ&考察

  1. 2014/02/25(火) 18:25:30|
  2. 銀符律デッキレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ソチオリンピック終わっちゃいましたね。感動をありがとう。


お待たせしました(待ってない)。花単レシピ&考察です。
ちょっとだけ長めなので時間があるときにでも読んでみてください。
それでは。

~デッキレシピ~
TH-0792 聖白蓮(10.0)4
TH-0793 秦こころ(10.0) 4
TH-0795 少名針妙丸(10.0) 3
TH-0496 霧雨魔理沙(7.0) 4
TH-0786 雲居一輪(10.0) 4
TH-0796 雲山(10.0) 4
TH-0603 多々良小傘(8.0) 3
TH-0234 上海人形(3.0) 2
TH-0333 八雲藍(5.0) 1
TH-0700 八雲紫(9.0) 1
TH-0107 橙(2.0) 1
TH-0694 本居小鈴(9.0) 4
TH-0028 リリーホワイト(1.0) 3
TH-0782 リリーブラック(10.0) 3
TH-0598 リリカ・プリズムリバー(8.0) 3
TH-0692 秋穣子(9.0) 4
TH-0689 秋静葉(9.0) 2
TH-0331 る~こと(5.0) 2
TH-0844 モンキーポゼッション(10.0) 4
TH-0076 守矢神社(1.0) 4


TH-0842 ラストワード「アーンギラサヴェーダ」(10.0) 1
TH-0659 霊界トランス(8.0) 1
TH-0742 証城寺の狸囃子(9.0) 2
TH-???? 自由枠 1

AFキャラ:26枚
DFキャラ:22枚
システム:12枚

EX1:9枚
EX2:51枚


~デッキコンセプト~
ビートしましょう。アタック宣言です。
殴って与える以外の打点はありません。強いて言うなら白蓮能力と橙くらいでしょうか。些細なものです。
回復もありません。回復している暇があったら殴って相手を倒しましょう。


~ドロソについて~
このデッキには所謂ドロソと呼ばれるカードが4種(実質は3種)入っていますがそのメリットデメリットについて

多々良小傘
・AFキャラである
・加えるカードをある程度選択できる
・3点のダメージを受ける
・3/1スペック


本居小鈴
・デッキを消費しない
・邪魔されにくい

・エクステンドを使う
・星コストしか生まない


秋穣子&秋静葉
・ドローメタに引っかかりにくい
・2枚必要
・ハンドの増えるタイミングが遅い


使用できるカードの枚数アドを取るという行為自体はどれも同じですが細部はこれほど違います。
どれも一長一短ですが個人的な優先順位は小鈴>秋姉妹>小傘な印象です。
世間一般では小傘の性能が評価されていますが、それは雪花等の回復が出来るデッキでのお話です。小傘で削った3点を回復で取り戻せる(主にメリー)デッキなら文句なしに強いです。ただ花単には失った3点を取り返すだけの回復は持ち合わせてないので自然と打点レースで負けてしまうんですね。「だったらアタックで取り返せばいいではないか」と思われるかもしれませんが、そこで3/1スペックがネックになってきます。現在は夢の新薬が在ります故てゐ輝夜優曇華がゴミ箱に落ちるだけで容易にアタックが出来なくなってしまいます。現環境恐ろしく3/1は止まりやすいんです。なので3点を取り返せる保障のない花単では小傘の優先度が他より下がります。
小鈴と秋姉妹の優先度は正直好みの問題だと思います。スペック自体もほぼ同じですし。判断の分かれ目はどっちのデメリットを嫌がるかですね。エクステンドを使うのが嫌か、遅いタイミングが嫌か、そんな話です。



~採用カードについて~
☆メインデッキ編
聖白蓮
花単が新たに獲得したエース。エースオブエース。
彼女が出るか出ないかで勝率が5割以上変わってきます。本当に強いです。
花コスト(EX1でもよい)が2枚あれば霊夢登場時のイベント夢想封印と考えれば強さもわかりやすいでしょう。ハンド3枚で2列寝かせて3点バーンはとんでもなく強いです。仏教(物理)。
それと出してはいけない相手が存在しないのも強さ使いやすさに一役買っています。元々4/4/3の高スペックであるため能力を消されても生き残る術を持っています。
もうひとつ彼女には最終奥義(ラストワード)があるので最後の詰めにかなり貢献できます。


秦こころ
3/3/2の主人公スペック。ただし変動する。
上記白蓮の関係上基本左右どちらかのAFでAP5(打点4)として扱っていくのが主ですね。自分一人でAP5になれるのは見た目以上に優秀です。新薬からの宙輝夜も一人でとれますし、変わったところではAP5になるとで隣の白蓮だったり魔理沙だったりのアタックを通しやすくなります(狸囃子的な意味で)。相手ターン初めにDFに移動してAPを3に戻すことによってこちらの狸囃子も邪魔しません。こころちゃん偉い子。


少名針名丸
一家に一人針名丸。
デキボ4点ボーナス4点という大味な子です。スペックは2/2/2と控えめなものの能力で成長していきます。成長物語です。
通せば6点受ければボーナス4点という盤面を作り出してしまえば彼女を止められるものはもういません、打点レースでかなり優位をとれます。
ただ宙の優曇華を出されてしまうと0点パンチャーになりか弱い女の子に戻ってしまうので扱いは慎重に。宙絡みだったら間違いなく優曇華は出されるものだと考えると幸せでしょう。


霧雨魔理沙
毎度お馴染み霧雨の魔理沙さん。花単にはほぼ必須級のキャラですね。
自身のDP2をカバーするだけでなく味方全てに及ぶ能力はまさに聖人。ぐう聖。
攻撃にも防御にも役に立つビートダウンデッキのキーカード。当然4投です。


雲居一輪
雲山

この2人は1種のカードとして扱ったほうがわかりやすいですね。
一輪の能力を通すと2ハンドで4/4/1を出し相手キャラを一体除去するとんでもないオーバースペックキャラになります。
ただその代償は大きく、タイミングが遅い、能力消しに弱い、デッキの枠を取られるなど様々。しかし純粋な花“単”(倒壊なし)だと唯一と言っていい除去カードなので積まない理由はないでしょう。
積極的に出していくものではなくどうしても無理な相手に出していくのが無難。場が固まった3手目辺りがベスト。
ちなみに雲山はシステムカード扱いです。


上海人形
このカードも懐かしく思えます。天子の相方のイメージが強いですね。
採用理由としては止まりにくい3/1これに尽きます。新薬の登場で3/1が恐ろしく止まりやすくなった現環境において倒れても完全なディスアドでない上海は一定以上の役割をもてます。むしろ新薬使わせたらアドです。除去にも強く後ろのSPを活かして相打ちも取りやすい優秀な小型アタッカーとして機能してくれます。


八雲紫
八雲家要素その1。
アグレ要員。ファッティですがアグレ5点はやっぱり強い。倒壊にも強く、妖なども自ターン中であればエスケープで逃げることも可能。総じて除去にある程度強いファッティと言えるでしょう。藁人形は勘弁な。
次のターン以降出した藍と橙もアグレになるのでより一層速くなる。ただ藍と橙は積極的に出していくカードではないのでおまけ程度に。


八雲藍
八雲家要素その2。かわいい。とてもかわいい。
打点を通す一番簡単な方法です。一応新薬対策にも。ドロソで増えたハンドの還元先として優秀です。白蓮出なかった場合のサブウエポン。



八雲家要素その3。
一世を風靡した橙。「アタック対応鳴動持国天」は当時の銀符律流行語大賞にノミネートされたとか。
そんな橙も現環境での影響力は大きくなく、積極的に出して行かないキャラになりました。しかし影響力がゼロではないので出して損のない試合もあります。不利なゲームを首の皮一枚で繋いでくれるカードなイメージですね。


リリーホワイト
エクステンドリリーWの登場で立場が危ぶまれていましたが復権。キャラ移動付きワンハンドDFはやっぱり強いですね。中型AFが止まりにくくなったおかげで前ほどの重要性はないので3枚。ワンハンドSP3としても優秀。


リリーブラック
前環境で採用率がほぼ100%だったエクステンドリリーWのメタカードであり上記のリリーWを復権させた救世主。
そのピンポイントすぎるメタカードに賛否両論ありますが花単側としてこのカードの登場は嬉しい限りですね。ミラーマッチを考慮して3枚の採用。


リリカ・プリズムリバー
花単が戦える理由のひとつ。このキャラを確実に出していけるのは花単の強みです。
ビートダウン相手に出せばこれ一枚で2列止まることが多いです。ビート相手に無類の強さを誇ります。
枠の都合上3枚に抑えてあります。1枚引ければゲーム終わるまで倒れることはほぼないので3枚まで削れます。


る~こと
ゴミ箱利用メタ。わかりやすいメタカード。以前はドロソが少なかったこともあり採用が厳しい面もありましたが、ドロソも充実してゴミ箱を利用する相手が増えた現環境では積んでおいて損は無いカードに仕上がっております。
主に雪は反魂蝶、月は新薬永琳、宙は新薬、日も新薬、花は一輪雲山と刺さらない色は無いに等しいです。登場対応で新薬を先撃ちされても今後撃たせなくすると共に先に出させたことで白蓮能力で攻撃を通すことも可能です。ゲームを決める力はないですが総じて優秀なサポートカードと言えるでしょう。


モンキーポゼッション
花単の新技術。キャラを入れ替えることが出来ます。味方を動かして号外配布的な使い方、寝ている相手と入れ替えて打点を通す夢想封印的な使い方、相手のAFとDFを入れ替えて打点を抑える宙咲夜的な使い方、他にも色々様々な使用方法が存在し汎用性はかなり高い。このカードが手札にあると謎の安心感が生まれること間違いなし。こころが居るとついでに2点も入る。


守矢神社
銀符律1.0から存在する最古のイベントカード。キャラを未行動状態にするという単純明快な効果故わかりやすく強い。
2連打3連打したら勝利は確実でしょう。終盤持っておくと詰めの射程圏内がかなり伸びます。終盤に持っておきたいカード筆頭です。


☆エクステンド編
ラストワード「アーンギラサヴェーダ」
白蓮の最終奥義。エクステンドからハンド消費なしで白蓮に守矢神社が撃てると考えて貰えればその強さはわかりやすいでしょう。このカードのおかげで白蓮が出ていると詰めの射程圏内が出てないときの倍以上になるイメージです(個人差はあります)。本来おまけであるはずの白蓮スタンドをメインに使うのが花単流です。メインであるはずの効果も決して弱くはないです。相手キャラのDPを突然マイナスして一方落ちさせましょう。

霊界トランス
お守り枠。エクステンドの幅が広がったことで突然DPが減ってAFが倒れてしまうやDFが倒れてしまうという事故防止です。穣子静葉など事故で落としたくないDFも守ることが出来るので相性がよい。小鈴が居るとノーハンドで撃てる。

証城寺の狸囃子
これも一種のお守り。フランやゆからん対策としてお守り程度に。半分位自由枠。

自由枠
残りはなんでもいいです。本当に自由です。
バーン対策がしたいならカウンターヒット。エクステンドを絶対使い切りたいならスーパースコープ3D。タッグしたいなら穣子静葉姉妹。相手キャラを倒したいならブランブリーローズガーデン。その他諸々なんでもどうぞ。個人的なオススメは2枚目の霊界トランスです。



~デッキ相性&戦い方~
勝負は時の運ではありますが各デッキに対する相性や戦い方を。
☆花単
ミラーは先攻取って白蓮出して一輪通せば勝てます。逆にそれをされると負けます。つまり運ゲーです(いいのかそれで

☆雪花、雪日
相性としては若干不利なイメージ。タイプは全く違う2デッキですが除去コントロールとしての対策は同じなので一緒に解説。まずドロソを並べて中型アタッカーが除去られても再度展開出来るハンドを蓄えましょう。後は除去を引かれる前に殴り倒しましょう。メリー対面には針妙丸を合わせると相手は嫌な顔します。橙も刺さるかも。

☆月単
明確に不利な相手ですね。こっちは空き巣されないことを祈りながら白蓮とる~ことを通すしか択はないです。中型パンチャーで押し切っていきましょう。

☆日単
五分か若干不利程度の相手。この差はプレイングに出ます。花単は展開するデッキなので仕方なのないことですがどこまで行ってもマスパが怖い。マスパを撃たれても態勢を立て直せる盤面構築が求められます。マスパ警戒を怠らずに。ただ中型で打点を稼ぐという動きはどのタイプの日単相手でも変わりません。新薬てゐにも注意。それとマスパ警戒は怠らずに。大事なことなので何回も言います。マスパ警戒は怠らずに

☆日宙
相性としては五分ですかね。日単と違いマスパ警戒はしなくていいもののえげつない量のバーンが襲います。焼き殺される前に轢き殺しましょう。日てゐや宙リグルなど倒したくないキャラは白蓮能力で寝かせてアタックしましょう。

☆宙単
現環境でよく見るデッキで唯一有利がつきそうな相手です。相手はドロソがないだけこちらより展開が遅れるので序盤で盤面に差をつけてしまいましょう。小鈴穣子静葉が鍵。あと絶対に先攻を取りましょう絶対です


主にこんなところですかね。その他のコンセプトデッキ相手には上記の対策を応用して対応していきましょう。




長くなりましたがこれにて終了です。いやー疲れました。
もっと細かく(プレイングとか)語りたいところではありますがブログではここまでにしておきます。超気になるって人は個人的に聞いてください。
総じてレアリティは高めですが新しいカードが多いので集めやすいかもしれません。人によっては集めにくいかもしれません。
この記事を見て花単を組むプレイヤーが増えてくれたら嬉しいですね!



ではまた!

スポンサーサイト

銀符律デッキレシピ ぐりも家

  1. 2012/11/26(月) 20:23:36|
  2. 銀符律デッキレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
冬ですね。みかんが食べたいです。


さて、以前から公開するすると言っていた例のデッキ「ぐりも家」を本日大公開。
グリモワール八雲家がデッキ名の由来ですがどっちかって言うと妖精八雲家要素があります。足して2で割った的な。

さて以下レシピと考察。


宙 八雲藍(1.0)1
日 八雲藍2
月 八雲藍4
雪 八雲藍2
花 八雲藍4
宙 八雲藍(6.0)4
花 橙(2.0)4
宙 橙1
日 橙(4.0)1
花 橙(5.0)1
宙 八雲紫(1.0)1

月 古明地こいし4
月 河城みとり3
月 河城にとり(4.0)1※自由枠
月 綿月依姫(2.0)1※自由枠
日 エレン2
雪 レティ・ホワイトロック1※自由枠
月宙 ルナチャイルド4
月日 サニーミルク3
花宙 スターサファイア3

全 グリモワール4
星 賽銭箱4
宙 スキマ3
月 空き巣1※自由枠
雪 西行妖1※自由枠

月25枚 宙21枚 花16枚 日12枚 雪8枚 星4枚

・はじめに
レシピを見て判るようにファンデッキ(ネタデッキ)です。
一応勝ちを目標に構築してはいますが限界はあります。「八雲家をいっぱい入れたい」と「勝利」を両立させるのはとても難しいことでした。
なので以下考察記事ですが、「これ出されたらおわりじゃねーか」「この色に勝てる要素なくね?」とかそういうのはナシでお願いします。本人が一番理解してますので。


・回し方
まずは藍と橙を並べるところからはじめましょう。
藍の場に出す優先順位としては花>宙=月>雪>日です。橙は鳴動持国天一択。
次にこいしを出しましょう。ひたすら藍か橙を取り除いてバーンしましょう。
グリモワールはこいし引けないときなど余裕があるとき貼りましょう。妖ぶっぱです。


・妖精の枚数について
ルナチャイルド4は月(こいし関連)と宙(スキマや紫)関連で非常に使い勝手がいいため4投
サニーミルク3はこいしを毎ターン確実に言うために月は多めにということで。日にはエレンがいますし。
スターサファイア3。これが一番悩みました。初手で出したいキャラが花藍と花橙なので4投すべきなのではと思いがちですがグリモワールが全色1なので2人共グリモワールコストで出せるんですね。なので3です。


・個別説明
八雲紫
なぜ弾幕結界か。一番の理由はパワーカードであるからですね。
月紫で安定感を求めてもいいのですがこういうデッキパワーが弱い構築だと多少安定感を捨てないと勝てないんですね。色拘束は濃いですが宙を少し多めに入れてありますしグリモワールを貼れば関係ありません。

河城みとり
このキャラは基本場に出ることを想定してません。こいし以外の月属性地霊陣営で一番優秀なための投入です。所謂賽銭箱のコスト&こいしのコストですね。
このデッキ一番のダメージソースはこいしです。なのでこいしはどうしてもハンドに欲しいわけです。そうなると月属性地霊陣営であるメリットは凄まじいものがあります。
どうしてもorいざという時は場に出して相手の能力止めましょう。

エレン
アイテム回収。説明不要。グリモワール持ってきましょう(実はあんまり使わない)。
2/2/2というスペックは優秀です。相手の3/1対面に置いてドヤ顔しましょう。

スキマ
きのこ空き巣除去対策です。橙藍こいしとこれでもかってくらい能力頼みなデッキなのできのこ空き巣で負け確なんです。そこでスキマで対策しようと。除去はまだおかわりを出せばいいので負け確にはなりません。ただ撃てるなら撃ちましょう。


~~以下自由枠考察~~

河城にとり
三種の神器ですね。特定のキャラがどうしても欲しいって場合は入るんじゃないかと。ただ、後ろに2ハンド割いてる余裕はないのでピン投です。こいしを自引き出来れば必要ないですし。

綿月依姫
よっちゃんもにとりと同じ採用理由。にとりよりは使いやすいかと。このデッキでは主にAFに出てきます。

レティ・ホワイトロック
三種の神器その2。まあ紫出した時に後ろにPONと置くと強いかなと。そうでなくとも相手の高打点キャラに合わせるだけでも活躍しますし。

空き巣
月対策、というよりみとり対策。みとりでこいし藍の能力止められたら撃ちましょう。

西行妖
除去。引いたらぐりも貼って撃ちましょう。刺さる場面は多いはずです。



という訳で最後の方どんどん適当になってましたがぐりも家でした。
余談ですがこの構築が出来るのは八雲家だからこそだと思います。
優秀な小型である橙、いぶし銀な中型藍、デカ物ファッティ紫と役割分担がはっきりしてます。これは他にはない強みですね。(書いてる最中地霊の方が優秀じゃんと思ったのは内緒


それでは全国までにこのデッキじゃないデッキを煮詰めていこうと思います(ぇ
ではまた。

銀符律デッキレシピ日t花

  1. 2012/06/21(木) 00:08:32|
  2. 銀符律デッキレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
虫の侵入を許してしまうので迂闊に窓を開けられないです。網戸なんてなかったんや…


今日は久しぶり(?)にデッキレシピでも投下してみようかと。
需要ない?知ってます。記録しておく面も含めているのでいいんです(必死
言うてプロトタイプなので微調整はこれからもしていくつもりではありますが。

デッキ名:日t花@いつもより余計にもふもふしております

日 54枚
EX1
マスタースパーク4
EX2
霧雨魔理沙(1.0)4
博麗霊夢3
火焔猫燐(6.0)3
鈴仙・優曇華院・イナバ2
紅美鈴3
メルラン(2.0)4
チルノ(1.0)4
橙(4.0)2
犬走椛(6.0)4
因幡てゐ2
幽谷響子4
リリーホワイト4
もふじ3
河城にとり(6.0)2
秋静葉2
ミッシングパープルパワー2
蓬莱の薬2

花 6枚
EX2
八雲藍4
号外配布2



・コンセプト
1.もふもふ感を出す。
2.花藍を最大限に活かす。

主に意識したのはこの2点ですね。ギミックが決まらずとも戦えるようになど当然意識するような事は除外してあります。


・解説
まずコンセプト1に関して。
これはもふもふ感を出すためもふもふ(耳尻尾)成分を多めに入れるよう意識したとしか言えません。
藍をはじめとして、お燐、優曇華、橙、もみじ、てゐ、ぎゃーてー、もふじとたくさん入れました。はい。説明は以上です。

次にコンセプト2に関して。こっから真面目な話です。
「花藍を活かす為にはどんなデッキが良いか」この問題に対し、自分なりに思考を巡らせた結果「従来の日単に花をタッチする」という結論に至りました。
以下主な花藍とのシナジーカードについて解説していきます。

マスタースパーク
言わずもがなですね。藍で相手キャラを縦に並べてその列に撃てばいいだけです。ただし、藍能力+マスパでハンド5枚を消費するので除去する相手キャラとタイミングに注意しましょう。

秋静葉&紅美鈴
これもわかりやすいですね。藍能力で付与されたジャンプを消すだけです。これで相手キャラが戻って来なくなります。マスパとのギミックより汎用性が高くオススメです。

犬走椛
一見「?」と思いがちですがこの椛の能力は相手キャラが移動した時にも反応するんです。つまり藍能力で移動させた時にも反応するのです。日は自身で移動出来るキャラが多いのであまり使う機会はないかもしれませんが使えるに越したことはないです。もふもふ成分ですし()

火焔猫燐
藍を出すと相手が雪意外ならば相手はキャラを並べようとするはずです。これ以上は説明要りませんよね。雪明羅と同じ原理です。単体で出しても強いところも◎。


こんな感じです。
あとは日と花の枚数的な問題ですが、基本花で使いたいカードが藍のみなので6枚くらいが丁度良いのかなと。リリーもいますしね。花を入れすぎてマスパコストが払えなくても嫌ですし。
花を限界まで少なくすることで藍を引けなくても日単の動きをすれば戦えるようには構築してあります。そのつもりです。


何かご意見やアドバイスなどがあればお願いします。喜びます。
ではまた。

銀符律 花t星デッキレシピ

  1. 2012/06/01(金) 18:59:23|
  2. 銀符律デッキレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
みこふとじこー 語呂が凄い気に入っています。


五弾環境も終わりを告げようとしているので今まで愛用してきた花t星のデッキレシピを晒して行こうと思います。
何度も微調整してましたが最終的にこれが一番だったって時のモノを。(全国の奴はダメだアレは)
少しでも参考にしていただければ嬉しいです。


花55枚
EX1
比那名居天子4
夢想封印4

EX2
リリーホワイト4
秋 静葉2
橙4
リリカ・プリズムリバー3
大妖精2
鍵山 雛4
上海人形4
犬走 椛3
八雲藍4
博麗 霊夢3
アリス・マーガトロイド(もちもち)2
霧雨 魔理沙4
里香2
守矢神社4
号外配布2

星5枚
紅い月3
森近 霖之助2




まあこんな感じで普通の花t星ですね。
一部のカードの採用、不採用理由なんかを書いていきましょう。

比那名居天子
これがなぜ4積みなのか。それは引けないとゲームにならないからです。
天子か魔理沙かどちらも引けない時打点レースで追いつけない場合が多いんですね。特に宙、月に対して。
だったらいっそ4積みで確実に引いてこようという発想です。EX1の捌け口は多めに用意してありますし。

夢想封印
これもなぜ4積みなのか。これは自分の信頼度の高さと相手の裏をかくためです。
現在は夢想封印3積みがデフォという謎の風潮みたいなので、終盤3落ちから夢想封印を撃って逆転するという芸当が出来ます。後は自分夢想封印が大好き(カードパワー的な意味で)なのでもう4積みしてしまえと。天子4になると3積みしたいところではありますが敢えて。

アリスマーガトロイド
ツーハンドで出る2/3/3な点と星コストを切って出せるDFキャラというところで採用。
紅い月を採用している以上どうしても使いきれずハンドに抱えてしまうということが多いんですね。AFが空いていれば問題ないですが埋まったときに意外と重宝する。藍と霊夢は出す場面限られていますしね。
猫車さんイラストということもあって入りました。終盤2点回復はオマケです(ぇ

里香
正直数合わせ()。
るーこととどちらにしようか迷ったのですが、結局月はメタしても勝てないので汎用性の高い里香に行き着きました。雲山ではない理由は単純にEX1を切って出せるからです。はい。

洩矢諏訪子
なぜ採用していないか。これは色々理由があります。
諏訪子を出してこちらのターン相手のターンフルで能力を使うにはハンドが6枚必要。これが最も大きな理由ですね。ハンド6枚もあれば他の動きをしたほうが強いと。守矢4夢想封印4と投入してあり終盤の詰めイベントをハンドに抱えやすいので出すタイミングが無いんです。
後は配置の問題。中央AFは天子の特等席ですし、中央DFにファッティ置くのは何か違う気がします。
欲しい盤面が無いと言ったら嘘になりますが結局出してもオーバーキル気味にしかならないんですよね。


他のカードで採用理由不採用理由を聞きたい方はコメントで(Twitterでもおkです)
こんな感じのフィーリングで採用不採用を決めていますが全国前までで30勝15敗(某先生の回数が多すぎて見劣り)。勝率66%は自分としては及第点です。70%にもって行きたかったですが。
そして6弾環境では大きく構築が変わると思いますね。萃香、身代わり人形と強力なカードも増えたのでその辺をどの辺と入れ替えていくか、それが今後の課題です。


30分クオリティの記事はいかがだったでしょうか。もう少しまともに書けって話ですよね。
今度の更新はいつになるでしょうか、わかりません。
何か書いて欲しいネタなどあればお申し付けくださいな。やれるだけやってみます。

それではまた

銀符律デッキレシピ “妖精八雲家”

  1. 2012/04/16(月) 23:18:06|
  2. 銀符律デッキレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
昼飯disっても割と耐えられるようになりました。


今日はとある方から頂いた“妖精八雲家”というデッキを自分なりにアレンジしたデッキを公開します。
フリプ戦績3勝13敗とかそんなもんなのでデッキパワーは御察し下さい。フリプ用です。間違ってもこのデッキでランキング戦なんて出ないでください。フリプ用です(大事なことなのでry


妖精八雲家

雪 11枚
八雲紫3
八雲藍4
マエリベリー(1.0)4

月 9枚
八雲藍4
古明地こいし4
アリスマーガトロイド1

花 6枚
八雲藍3
橙(2.0)2
橙(5.0)1

宙 5枚
八雲藍2
橙1
スキマ2

日 3枚
八雲藍2
橙(4.0)1

多色&星 26枚
大妖精4
ルナチャイルド4
スターサファイア3
サニーミルク2
チルノ2
妖精大戦争4
博麗神社4
賽銭箱3


なにこのゴミデッキと思った方、間違いじゃないです。藍がデッキの1/4占めてるとかもうね。

デッキの動き方としてはメリーで回復しながらこいしでバーン。それだけです。
メリーとこいしを引けないとゲームにならないです。そこは気合で引きましょう。
実は紫は滅多にでないです。大抵マエリベリーのコストになります(ぇ

改良する点があるとすれば持国天橙の枚数と月の枚数。
橙が出るとやはりゲームが変わります。基本ノーガードデッキなのでw
サニーなんか増やしてみるのもアリです。




句点ばかりで見にくいなぁと書いてから思う。まあいいか。
藍大量投入で満足しようぜ!的な僕好みのデッキに仕上がったと思います。
こんなデッキですが良ければ参考にしてください。 #ならない

ではまた。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。