たわむれはおわりじゃ!

銀符律とかヴァイスとか中心に気ままに書く。不定期更新。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀符律使用感やらなんやら part1

  1. 2012/02/07(火) 12:43:20|
  2. 銀符律考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
閏年生まれの人に閏年についてどう思うのか聞いてみたいです。



暇すぎて仕方ないので何となく使用感やらなんやらを書いていこうかと。
・・・とさっき唐突に思ったのでしたw
“考察”ではなく“使用感”なのはWCCFユーザーの時の名残です。仕様です。


とりあえず1回目はコレ
藍様

藍様です。無限回収してます。なんでもだします。ください。
とたわむれはここまでで真面目に使用感をw
色拘束も薄く混色でも問題なく投入でき、能力も星コスト+橙必須と混色用になっている。
能力で橙を出したい主な場面を上げます。
1.0日橙:アグレ要員。4.0の方が優秀。ハンドが有り余って前列埋まって中央or右DFに出したい場合にワンチャン程度。
2.0花橙:言わずもがな優秀である。序盤に出したい。詰めでは3.0or5.0の方が優秀。
3.0宙橙:なるだけ詰めで出したい。終盤ゴミ箱にあるだけで選択肢が広がる。どうしてもアタッカーが出ない場合は序盤にもワンチャン。オーダーでブロッカーにも。
4.0日橙:アグレ要因。これも詰めで出したい。序盤でも。しかし詰めには3.0、序盤には2.0と強力なカードがあるのが向かい風。
5.0花橙:唯一後ろ向きな橙。詰めの段階でデッキが足りない場合出したい。左DFに出られるのが偶に役に立つ。

こんな感じでしょうか。少なくとも僕の場合はこんな使い方です。
全部積むわけにはいかないと思うので個人的な優先度を。
2.0≧3.0>4.0>5.0>>1.0
2.0は序盤で出したいので2~3積み推奨。残りはピン積みで。
色事故は構築次第でどうにでもなります。賽銭箱とか。

欠点はこのカードのスペック。
3ハンド3/2/2は脆いのです。3/1に止められてしまうのが痛い。配置も3/1寄り。
蓬莱の薬や花妖夢なんかでダッシュ付加なんかができれば良いけど…それでも3点パンチャーなんです。
この辺は愛でカバーするしかないです。ハイw




あれ?橙の説明が主になってるけどwまあ能力的に仕方ないか。
あくまで僕の使用感なので各人によって違うところもあると思います。
今回はこんなに長くなりましたけど次はもっと短くなると思います。ごめんなさいm(_ _)m
ありきたりなカードはなるだけ避けるつもりです。


それではまたノシ
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。