たわむれはおわりじゃ!

銀符律とかヴァイスとか中心に気ままに書く。不定期更新。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀符律考察やらなんやら part2

  1. 2012/02/09(木) 11:31:40|
  2. 銀符律考察
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
最近また地震が増えてきたなと感じます。



Part2です。
使用感から考察にタイトル変更しました。
理由としては“WCCF使用感”で検索かけてこのブログにやって来た方がいたので。無駄足踏ませて申し訳ないです。


という訳で本題。今日はこれ。
紫

ユッカリーン♪ ←流行りみたいです。
「また八雲家か」とか言われそうですがすみません。本能には逆らえませんw
4ハンド5/5/2全配置エスケープジャンプ持ちと文句なしのスペック。能力は花阿求に起き上がる要素が加わった感じ。
サポートして起き上がれるため味方攻撃時サポートしても自分でも殴ることが出来る。これが非常に役に立つ。
出したターンにDFのサポートに2回も入れるというのも強力である。
主なシナジー先は思いつくところで花さとりか。とりあえず3点が確定する。全部通れば10点。
書いていることは強いがさとりと紫が並べるのがまず大変。雪相手には無理。並べば強いけど。さとりを使いたいならば阿求と一緒にどうぞ。

このカードを使うにあたっての注意点は隣接していないキャラにはサポートは1回までということ。
未行動状態にしたとき特殊能力が失われるため不隣接キャラにサポート出来るという能力も消えてしまうため。隣接キャラには問題なく2回サポートが出来る。はず。

個人的に見てファッティとして及第点なのかなと。幽々子やらの影に隠れてしまってる感はありますが使ってみると割といい働きをする。雪を相手した場合どうするかが今後の課題。現状出さない方が無難。
中央に紫、両サイドに藍橙と並ぶとドヤ顔したくなる。満足できる。八雲家好きは是非。



はい。底辺勢の考察ですがよければ参考に。
需要ないと思いますが続けていこうかと。所詮自己満です。

ではまた。
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。