たわむれはおわりじゃ!

銀符律とかヴァイスとか中心に気ままに書く。不定期更新。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀符律デッキレシピ ぐりも家

  1. 2012/11/26(月) 20:23:36|
  2. 銀符律デッキレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
冬ですね。みかんが食べたいです。


さて、以前から公開するすると言っていた例のデッキ「ぐりも家」を本日大公開。
グリモワール八雲家がデッキ名の由来ですがどっちかって言うと妖精八雲家要素があります。足して2で割った的な。

さて以下レシピと考察。


宙 八雲藍(1.0)1
日 八雲藍2
月 八雲藍4
雪 八雲藍2
花 八雲藍4
宙 八雲藍(6.0)4
花 橙(2.0)4
宙 橙1
日 橙(4.0)1
花 橙(5.0)1
宙 八雲紫(1.0)1

月 古明地こいし4
月 河城みとり3
月 河城にとり(4.0)1※自由枠
月 綿月依姫(2.0)1※自由枠
日 エレン2
雪 レティ・ホワイトロック1※自由枠
月宙 ルナチャイルド4
月日 サニーミルク3
花宙 スターサファイア3

全 グリモワール4
星 賽銭箱4
宙 スキマ3
月 空き巣1※自由枠
雪 西行妖1※自由枠

月25枚 宙21枚 花16枚 日12枚 雪8枚 星4枚

・はじめに
レシピを見て判るようにファンデッキ(ネタデッキ)です。
一応勝ちを目標に構築してはいますが限界はあります。「八雲家をいっぱい入れたい」と「勝利」を両立させるのはとても難しいことでした。
なので以下考察記事ですが、「これ出されたらおわりじゃねーか」「この色に勝てる要素なくね?」とかそういうのはナシでお願いします。本人が一番理解してますので。


・回し方
まずは藍と橙を並べるところからはじめましょう。
藍の場に出す優先順位としては花>宙=月>雪>日です。橙は鳴動持国天一択。
次にこいしを出しましょう。ひたすら藍か橙を取り除いてバーンしましょう。
グリモワールはこいし引けないときなど余裕があるとき貼りましょう。妖ぶっぱです。


・妖精の枚数について
ルナチャイルド4は月(こいし関連)と宙(スキマや紫)関連で非常に使い勝手がいいため4投
サニーミルク3はこいしを毎ターン確実に言うために月は多めにということで。日にはエレンがいますし。
スターサファイア3。これが一番悩みました。初手で出したいキャラが花藍と花橙なので4投すべきなのではと思いがちですがグリモワールが全色1なので2人共グリモワールコストで出せるんですね。なので3です。


・個別説明
八雲紫
なぜ弾幕結界か。一番の理由はパワーカードであるからですね。
月紫で安定感を求めてもいいのですがこういうデッキパワーが弱い構築だと多少安定感を捨てないと勝てないんですね。色拘束は濃いですが宙を少し多めに入れてありますしグリモワールを貼れば関係ありません。

河城みとり
このキャラは基本場に出ることを想定してません。こいし以外の月属性地霊陣営で一番優秀なための投入です。所謂賽銭箱のコスト&こいしのコストですね。
このデッキ一番のダメージソースはこいしです。なのでこいしはどうしてもハンドに欲しいわけです。そうなると月属性地霊陣営であるメリットは凄まじいものがあります。
どうしてもorいざという時は場に出して相手の能力止めましょう。

エレン
アイテム回収。説明不要。グリモワール持ってきましょう(実はあんまり使わない)。
2/2/2というスペックは優秀です。相手の3/1対面に置いてドヤ顔しましょう。

スキマ
きのこ空き巣除去対策です。橙藍こいしとこれでもかってくらい能力頼みなデッキなのできのこ空き巣で負け確なんです。そこでスキマで対策しようと。除去はまだおかわりを出せばいいので負け確にはなりません。ただ撃てるなら撃ちましょう。


~~以下自由枠考察~~

河城にとり
三種の神器ですね。特定のキャラがどうしても欲しいって場合は入るんじゃないかと。ただ、後ろに2ハンド割いてる余裕はないのでピン投です。こいしを自引き出来れば必要ないですし。

綿月依姫
よっちゃんもにとりと同じ採用理由。にとりよりは使いやすいかと。このデッキでは主にAFに出てきます。

レティ・ホワイトロック
三種の神器その2。まあ紫出した時に後ろにPONと置くと強いかなと。そうでなくとも相手の高打点キャラに合わせるだけでも活躍しますし。

空き巣
月対策、というよりみとり対策。みとりでこいし藍の能力止められたら撃ちましょう。

西行妖
除去。引いたらぐりも貼って撃ちましょう。刺さる場面は多いはずです。



という訳で最後の方どんどん適当になってましたがぐりも家でした。
余談ですがこの構築が出来るのは八雲家だからこそだと思います。
優秀な小型である橙、いぶし銀な中型藍、デカ物ファッティ紫と役割分担がはっきりしてます。これは他にはない強みですね。(書いてる最中地霊の方が優秀じゃんと思ったのは内緒


それでは全国までにこのデッキじゃないデッキを煮詰めていこうと思います(ぇ
ではまた。
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。