たわむれはおわりじゃ!

銀符律とかヴァイスとか中心に気ままに書く。不定期更新。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州旅行記 中編

  1. 2013/10/09(水) 22:12:56|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ひとつ、舞わせてもらおうかの


さて中編です。


朝7:00頃
カラオケBOXの中で目を覚ました僕とショーユマンはおもむろにWSをするのでした。犬日々ミラーです。(尚、負けた模様


その後一度車に戻って朝食(朝マック)へ。ぼくはお腹の調子が良くなかったのでパンケーキで済ませました。
やっkさんはハンバーガーをショーユマンはホットケーキを食べてました。こっちの業界ではホットケーキは勝利への験担ぎらしいです。


さて今回の旅のメインイベント“大九州祭”です。
同日、東京では銀符律公式大会が催されていたみたいですが噂に過ぎません、嘘だと信じて大九州祭を楽しむことにしました(



当日朝にカタログを開封して回るところを決めました。事前準備もくそもないですね。
ただ、あるひとつのサークルは事前に調べて「ここだけはっ!」と思ったところがありまして・・・。それがあ~るの~とさんです。
いえろ~ぜぶら時代からの大ファンで僕が東方を知ったハマったきっかけってのも「melody!」を聞いたからなんですねー。例大祭やコミケだと人気サークルなためお話タイミングが取れなかったんですが地方イベントってことでちょっとだけ期待しながら行きました。

当日スペースにいらっしゃったのは芳葉さんとうっちーさんでした。めっちゃ緊張してた気がします。その時の様子はショーユマンに聞いてね。
で、サイン頂いちゃいました。感謝ですm(_ _)m 金ペンの調子が悪くて軽く迷惑かけてしまいましたけど・・・orz
さいん

閃囁歌のジャケを選んだ理由は、先日の大震災直後に手に入れたCDということで強く印象に残ってるからですね。暗い話ですしこれ以上はやめておきましょう。


一通り回った私とショウユマンはカードゲームスペースで銀符することに。
そこでひとつの事件が起きました。。。

時は丁度正午くらいでしたかね。雪花の理想盤面を揃えてどや顔している僕と絶望しているショーユマンの元にひとりの男がやってきたのです。そう、その男こそ「しろくま」さんです。

しろくま「やぁ(ストラップを出しながら)」
よーぜふ「!?(影狼ちゃんストラップを見つけ)」
しょーゆ「やぁ」
よーぜふ「ねぇそれどこで手に入れたの?それ欲しい欲しいめっちゃ欲しい!どこどこどこどこ!」
しろくま「しょうがない、案内してあげよう。」


銀符をそのまま放置して急いで向かうことに

~しろくま&よーぜふ移動中~

しろくま「ここのガチャガチャで“5番”を当てれば貰えるよ!」
よーぜふ「“5番”だな、5番こい!(ごばんごばんごばん←心の祈りはこんな感じでした)」
ガチャガチャ
よーぜふ「“1番”・・・。」
しろくま「・・・。」
サークル主(?)「おめでとうございます!1番景品は抱き枕カバーです!」
よーぜふ&しろくま「「ふぁーーーー」」



てな感じで抱き枕カバーをゲットしました。これです。
棚ぼたですね。人間、欲は少ない方が結果的にいい方向へ流れるんですかね。
ちなみにその後もう一度やって“5番”のストラップも無事手に入れました。

カードスペースに戻った後も、撤収まで銀符してました。時間切れで勝負がつかなかったLazyさんとはまた今度決着をつけたいですね。



そんなこんなで大九州祭が終了して小倉駅近くのラーメン屋で遅めのランチです。確か一蘭とかなんとか。
特製スープ(辛さ)を2倍にして食べました。めちゃくちゃ美味しかったです、つい替え玉もしてしまいました。
そのあとちょこっとLoVしにゲーセンに。LoVの話はまた後半で話すと思います。


で、ナオヤさんやっkさんと一緒にショーユカー飛ばして下関ランキングへ。フレンドリーな店でした。あしかがを半分にした感覚に近いかも。

レポは割愛



午後0時15分頃、ショーユハウスへ到着です。
ここでやっとうちの娘が仲間達と再会出来ました。3人並んで記念撮影です。
さんにん

最終日はこの子達も含めてみんな一緒に旅します。




ということで中編終わりです。写真少なめなのは撮るのも忘れて楽しんでいたからです。やっぱりイベントは楽しいですね。
後編でまた会いましょう。


ではまた
スポンサーサイト

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。