たわむれはおわりじゃ!

銀符律とかヴァイスとか中心に気ままに書く。不定期更新。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀符律ランキング上尾 レポート

  1. 2014/02/27(木) 20:27:48|
  2. 銀符律大会レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
暖かくなってきましたね。お昼なんか特に。朝は寒い。

いつものレポートです。ぱっぱと。
以下レポート。

銀符律ランキング@あげお
参加人数:4人 スイスドロー方式
使用デッキ:花単
1戦目 日単 〇
小鈴白蓮スタート。相手はナズーリンフランだった気がします。
その後紫出したり一輪→雲山でナズ除去してフランはひたすら狸囃子やらモゼッションやらでごまかす。
最後はフランをモゼッションで止めて白蓮能力で詰め切り。

2戦目 日単 ×
相手メルラン妹紅スタート。こっちは白蓮こころスタート。
返しで諏訪子登場。こっちも一輪で応戦。しかし一輪列にマスパ(リリーBもついでに焼かれる)。
その後も狸囃子で打点をごまかしつつ終盤へ。最後出てきた一輪能力も優曇華能力でバトル中断され万事休す。ドロソ差と先行差も大きかった気がします。


1-1。ぼちぼち。
もう少し丁寧にプレイしたいですね。丁寧なプレイしないと負ける相手が花単は多いので。


来週からプロモも変わるのでまた行きます。ちなみにヒロプレは九州使って2-0でした。やったね。



ではまた。
スポンサーサイト

花単レシピ&考察

  1. 2014/02/25(火) 18:25:30|
  2. 銀符律デッキレシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ソチオリンピック終わっちゃいましたね。感動をありがとう。


お待たせしました(待ってない)。花単レシピ&考察です。
ちょっとだけ長めなので時間があるときにでも読んでみてください。
それでは。

~デッキレシピ~
TH-0792 聖白蓮(10.0)4
TH-0793 秦こころ(10.0) 4
TH-0795 少名針妙丸(10.0) 3
TH-0496 霧雨魔理沙(7.0) 4
TH-0786 雲居一輪(10.0) 4
TH-0796 雲山(10.0) 4
TH-0603 多々良小傘(8.0) 3
TH-0234 上海人形(3.0) 2
TH-0333 八雲藍(5.0) 1
TH-0700 八雲紫(9.0) 1
TH-0107 橙(2.0) 1
TH-0694 本居小鈴(9.0) 4
TH-0028 リリーホワイト(1.0) 3
TH-0782 リリーブラック(10.0) 3
TH-0598 リリカ・プリズムリバー(8.0) 3
TH-0692 秋穣子(9.0) 4
TH-0689 秋静葉(9.0) 2
TH-0331 る~こと(5.0) 2
TH-0844 モンキーポゼッション(10.0) 4
TH-0076 守矢神社(1.0) 4


TH-0842 ラストワード「アーンギラサヴェーダ」(10.0) 1
TH-0659 霊界トランス(8.0) 1
TH-0742 証城寺の狸囃子(9.0) 2
TH-???? 自由枠 1

AFキャラ:26枚
DFキャラ:22枚
システム:12枚

EX1:9枚
EX2:51枚


~デッキコンセプト~
ビートしましょう。アタック宣言です。
殴って与える以外の打点はありません。強いて言うなら白蓮能力と橙くらいでしょうか。些細なものです。
回復もありません。回復している暇があったら殴って相手を倒しましょう。


~ドロソについて~
このデッキには所謂ドロソと呼ばれるカードが4種(実質は3種)入っていますがそのメリットデメリットについて

多々良小傘
・AFキャラである
・加えるカードをある程度選択できる
・3点のダメージを受ける
・3/1スペック


本居小鈴
・デッキを消費しない
・邪魔されにくい

・エクステンドを使う
・星コストしか生まない


秋穣子&秋静葉
・ドローメタに引っかかりにくい
・2枚必要
・ハンドの増えるタイミングが遅い


使用できるカードの枚数アドを取るという行為自体はどれも同じですが細部はこれほど違います。
どれも一長一短ですが個人的な優先順位は小鈴>秋姉妹>小傘な印象です。
世間一般では小傘の性能が評価されていますが、それは雪花等の回復が出来るデッキでのお話です。小傘で削った3点を回復で取り戻せる(主にメリー)デッキなら文句なしに強いです。ただ花単には失った3点を取り返すだけの回復は持ち合わせてないので自然と打点レースで負けてしまうんですね。「だったらアタックで取り返せばいいではないか」と思われるかもしれませんが、そこで3/1スペックがネックになってきます。現在は夢の新薬が在ります故てゐ輝夜優曇華がゴミ箱に落ちるだけで容易にアタックが出来なくなってしまいます。現環境恐ろしく3/1は止まりやすいんです。なので3点を取り返せる保障のない花単では小傘の優先度が他より下がります。
小鈴と秋姉妹の優先度は正直好みの問題だと思います。スペック自体もほぼ同じですし。判断の分かれ目はどっちのデメリットを嫌がるかですね。エクステンドを使うのが嫌か、遅いタイミングが嫌か、そんな話です。



~採用カードについて~
☆メインデッキ編
聖白蓮
花単が新たに獲得したエース。エースオブエース。
彼女が出るか出ないかで勝率が5割以上変わってきます。本当に強いです。
花コスト(EX1でもよい)が2枚あれば霊夢登場時のイベント夢想封印と考えれば強さもわかりやすいでしょう。ハンド3枚で2列寝かせて3点バーンはとんでもなく強いです。仏教(物理)。
それと出してはいけない相手が存在しないのも強さ使いやすさに一役買っています。元々4/4/3の高スペックであるため能力を消されても生き残る術を持っています。
もうひとつ彼女には最終奥義(ラストワード)があるので最後の詰めにかなり貢献できます。


秦こころ
3/3/2の主人公スペック。ただし変動する。
上記白蓮の関係上基本左右どちらかのAFでAP5(打点4)として扱っていくのが主ですね。自分一人でAP5になれるのは見た目以上に優秀です。新薬からの宙輝夜も一人でとれますし、変わったところではAP5になるとで隣の白蓮だったり魔理沙だったりのアタックを通しやすくなります(狸囃子的な意味で)。相手ターン初めにDFに移動してAPを3に戻すことによってこちらの狸囃子も邪魔しません。こころちゃん偉い子。


少名針名丸
一家に一人針名丸。
デキボ4点ボーナス4点という大味な子です。スペックは2/2/2と控えめなものの能力で成長していきます。成長物語です。
通せば6点受ければボーナス4点という盤面を作り出してしまえば彼女を止められるものはもういません、打点レースでかなり優位をとれます。
ただ宙の優曇華を出されてしまうと0点パンチャーになりか弱い女の子に戻ってしまうので扱いは慎重に。宙絡みだったら間違いなく優曇華は出されるものだと考えると幸せでしょう。


霧雨魔理沙
毎度お馴染み霧雨の魔理沙さん。花単にはほぼ必須級のキャラですね。
自身のDP2をカバーするだけでなく味方全てに及ぶ能力はまさに聖人。ぐう聖。
攻撃にも防御にも役に立つビートダウンデッキのキーカード。当然4投です。


雲居一輪
雲山

この2人は1種のカードとして扱ったほうがわかりやすいですね。
一輪の能力を通すと2ハンドで4/4/1を出し相手キャラを一体除去するとんでもないオーバースペックキャラになります。
ただその代償は大きく、タイミングが遅い、能力消しに弱い、デッキの枠を取られるなど様々。しかし純粋な花“単”(倒壊なし)だと唯一と言っていい除去カードなので積まない理由はないでしょう。
積極的に出していくものではなくどうしても無理な相手に出していくのが無難。場が固まった3手目辺りがベスト。
ちなみに雲山はシステムカード扱いです。


上海人形
このカードも懐かしく思えます。天子の相方のイメージが強いですね。
採用理由としては止まりにくい3/1これに尽きます。新薬の登場で3/1が恐ろしく止まりやすくなった現環境において倒れても完全なディスアドでない上海は一定以上の役割をもてます。むしろ新薬使わせたらアドです。除去にも強く後ろのSPを活かして相打ちも取りやすい優秀な小型アタッカーとして機能してくれます。


八雲紫
八雲家要素その1。
アグレ要員。ファッティですがアグレ5点はやっぱり強い。倒壊にも強く、妖なども自ターン中であればエスケープで逃げることも可能。総じて除去にある程度強いファッティと言えるでしょう。藁人形は勘弁な。
次のターン以降出した藍と橙もアグレになるのでより一層速くなる。ただ藍と橙は積極的に出していくカードではないのでおまけ程度に。


八雲藍
八雲家要素その2。かわいい。とてもかわいい。
打点を通す一番簡単な方法です。一応新薬対策にも。ドロソで増えたハンドの還元先として優秀です。白蓮出なかった場合のサブウエポン。



八雲家要素その3。
一世を風靡した橙。「アタック対応鳴動持国天」は当時の銀符律流行語大賞にノミネートされたとか。
そんな橙も現環境での影響力は大きくなく、積極的に出して行かないキャラになりました。しかし影響力がゼロではないので出して損のない試合もあります。不利なゲームを首の皮一枚で繋いでくれるカードなイメージですね。


リリーホワイト
エクステンドリリーWの登場で立場が危ぶまれていましたが復権。キャラ移動付きワンハンドDFはやっぱり強いですね。中型AFが止まりにくくなったおかげで前ほどの重要性はないので3枚。ワンハンドSP3としても優秀。


リリーブラック
前環境で採用率がほぼ100%だったエクステンドリリーWのメタカードであり上記のリリーWを復権させた救世主。
そのピンポイントすぎるメタカードに賛否両論ありますが花単側としてこのカードの登場は嬉しい限りですね。ミラーマッチを考慮して3枚の採用。


リリカ・プリズムリバー
花単が戦える理由のひとつ。このキャラを確実に出していけるのは花単の強みです。
ビートダウン相手に出せばこれ一枚で2列止まることが多いです。ビート相手に無類の強さを誇ります。
枠の都合上3枚に抑えてあります。1枚引ければゲーム終わるまで倒れることはほぼないので3枚まで削れます。


る~こと
ゴミ箱利用メタ。わかりやすいメタカード。以前はドロソが少なかったこともあり採用が厳しい面もありましたが、ドロソも充実してゴミ箱を利用する相手が増えた現環境では積んでおいて損は無いカードに仕上がっております。
主に雪は反魂蝶、月は新薬永琳、宙は新薬、日も新薬、花は一輪雲山と刺さらない色は無いに等しいです。登場対応で新薬を先撃ちされても今後撃たせなくすると共に先に出させたことで白蓮能力で攻撃を通すことも可能です。ゲームを決める力はないですが総じて優秀なサポートカードと言えるでしょう。


モンキーポゼッション
花単の新技術。キャラを入れ替えることが出来ます。味方を動かして号外配布的な使い方、寝ている相手と入れ替えて打点を通す夢想封印的な使い方、相手のAFとDFを入れ替えて打点を抑える宙咲夜的な使い方、他にも色々様々な使用方法が存在し汎用性はかなり高い。このカードが手札にあると謎の安心感が生まれること間違いなし。こころが居るとついでに2点も入る。


守矢神社
銀符律1.0から存在する最古のイベントカード。キャラを未行動状態にするという単純明快な効果故わかりやすく強い。
2連打3連打したら勝利は確実でしょう。終盤持っておくと詰めの射程圏内がかなり伸びます。終盤に持っておきたいカード筆頭です。


☆エクステンド編
ラストワード「アーンギラサヴェーダ」
白蓮の最終奥義。エクステンドからハンド消費なしで白蓮に守矢神社が撃てると考えて貰えればその強さはわかりやすいでしょう。このカードのおかげで白蓮が出ていると詰めの射程圏内が出てないときの倍以上になるイメージです(個人差はあります)。本来おまけであるはずの白蓮スタンドをメインに使うのが花単流です。メインであるはずの効果も決して弱くはないです。相手キャラのDPを突然マイナスして一方落ちさせましょう。

霊界トランス
お守り枠。エクステンドの幅が広がったことで突然DPが減ってAFが倒れてしまうやDFが倒れてしまうという事故防止です。穣子静葉など事故で落としたくないDFも守ることが出来るので相性がよい。小鈴が居るとノーハンドで撃てる。

証城寺の狸囃子
これも一種のお守り。フランやゆからん対策としてお守り程度に。半分位自由枠。

自由枠
残りはなんでもいいです。本当に自由です。
バーン対策がしたいならカウンターヒット。エクステンドを絶対使い切りたいならスーパースコープ3D。タッグしたいなら穣子静葉姉妹。相手キャラを倒したいならブランブリーローズガーデン。その他諸々なんでもどうぞ。個人的なオススメは2枚目の霊界トランスです。



~デッキ相性&戦い方~
勝負は時の運ではありますが各デッキに対する相性や戦い方を。
☆花単
ミラーは先攻取って白蓮出して一輪通せば勝てます。逆にそれをされると負けます。つまり運ゲーです(いいのかそれで

☆雪花、雪日
相性としては若干不利なイメージ。タイプは全く違う2デッキですが除去コントロールとしての対策は同じなので一緒に解説。まずドロソを並べて中型アタッカーが除去られても再度展開出来るハンドを蓄えましょう。後は除去を引かれる前に殴り倒しましょう。メリー対面には針妙丸を合わせると相手は嫌な顔します。橙も刺さるかも。

☆月単
明確に不利な相手ですね。こっちは空き巣されないことを祈りながら白蓮とる~ことを通すしか択はないです。中型パンチャーで押し切っていきましょう。

☆日単
五分か若干不利程度の相手。この差はプレイングに出ます。花単は展開するデッキなので仕方なのないことですがどこまで行ってもマスパが怖い。マスパを撃たれても態勢を立て直せる盤面構築が求められます。マスパ警戒を怠らずに。ただ中型で打点を稼ぐという動きはどのタイプの日単相手でも変わりません。新薬てゐにも注意。それとマスパ警戒は怠らずに。大事なことなので何回も言います。マスパ警戒は怠らずに

☆日宙
相性としては五分ですかね。日単と違いマスパ警戒はしなくていいもののえげつない量のバーンが襲います。焼き殺される前に轢き殺しましょう。日てゐや宙リグルなど倒したくないキャラは白蓮能力で寝かせてアタックしましょう。

☆宙単
現環境でよく見るデッキで唯一有利がつきそうな相手です。相手はドロソがないだけこちらより展開が遅れるので序盤で盤面に差をつけてしまいましょう。小鈴穣子静葉が鍵。あと絶対に先攻を取りましょう絶対です


主にこんなところですかね。その他のコンセプトデッキ相手には上記の対策を応用して対応していきましょう。




長くなりましたがこれにて終了です。いやー疲れました。
もっと細かく(プレイングとか)語りたいところではありますがブログではここまでにしておきます。超気になるって人は個人的に聞いてください。
総じてレアリティは高めですが新しいカードが多いので集めやすいかもしれません。人によっては集めにくいかもしれません。
この記事を見て花単を組むプレイヤーが増えてくれたら嬉しいですね!



ではまた!


銀符律ランキング上尾 レポート

  1. 2014/02/20(木) 17:26:57|
  2. 銀符律大会レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
麻婆豆腐は美味しい


銀符律のモチベがそれなりにあります。世間的にはアレみたいですけどね。
否定しか出来ない人間はなにをやっても成功しませんよ。

以下レポート。

銀符律ランキング@あげお
参加人数:5人 スイスドロー方式
使用デッキ:ぐりも家
1戦目 日単 ×
後攻
相手お燐こいしメルランスタート。こちら八橋スタート。たいあり。

2戦目 紅魔館 ×
フランに空き巣撃ってゆからん九十九姉妹して中盤までは有利だったんですが2発の妖ですべてが崩壊しました。たいあり。くやしい。

3戦目 不戦勝
トイレ休憩


0-2です。フリプでは結構勝ててただけに悔しい。ランキングの壁は厚いですね。
来週もがんばろう(行けるかどうかわからない


ヒロプレのレポは書くのめんどいです!(直球
2-1でした。


ではまた

銀符律ランキング上尾 レポート

  1. 2014/02/15(土) 10:10:18|
  2. 銀符律大会レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
今週も雪です。今回も異例の雪量です。


先日水曜日のレポートです。
時間もないのでパパッと。
以下レポート


銀符律ランキング@あげお
参加人数:5人 スイスドロー方式
使用デッキ:花単
1戦目 宙単 ○
後攻
先手で椛EXルーミアされましたが、こちらの引きと落ちが強く勝利しました。小傘は雲山探すために生まれた子。

2戦目 雪日 ×
初手諏訪子さとりされました。おしまい。


階段崩され1-1で終了です。あげおの均衡が破られた。

次も行きます。がんばります。



ではまた

銀符律ランキング レポート

  1. 2014/02/12(水) 11:12:39|
  2. 銀符律大会レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
ソチは黒海に接したロシアだったんですね。モスクワあたりかと思ってました。


先週末の大雪で開催と参加が危ぶまれた東京公式。何事もなく終わってよかったですね。
個人的な戦績は何事もあったんですが。
土曜日に成り行きで足利ランキングへ行ってきたのでそっちのれぽも軽く。

以下レポート

銀符律ランキング大会@足利
参加人数:5人 スイスドロー方式
使用デッキ:日宙人気
1戦目 人気 ×
まさかのミラー戦。
先攻とられて同じような展開してたらこういうビートデッキは負けます。たいあり。

2戦目 日単 ○
神子ちゃんの人気者ぶりが発揮されました。魔理沙人気者ボーナス使って倒して「ボーナス確定!」って感じです。たいあり。

1-1。普通is普通


さてここからが本題です。

第39回銀符律公式大会@綾瀬
参加人数:42人 スイスドロー方式
使用デッキ:花単
1戦目 宙単 ○
後攻
相手は布都寅丸。こちらは小鈴穣子静葉こころでほぼ理想のスタート。
慧音パチュリー追加もこちらは白蓮上海。
あとは白蓮能力でごり押しするだけでした。たいあり。

2戦目 月宙 ×
後攻
相手椛慧音魔理沙の理想スタート。こちらはリリーBスタートの白蓮一輪。
こうするしかなかったとはいえ月相手に一輪はダメでしたね。案の定きのこ。
その後魔理沙を出すも相手はけねもこタッグでリリーBが生涯ニートに。
白蓮に倒壊も撃たれてもうだめでした。勝てませんでした。たいあり。

3戦目 日月 ×
先攻
やっととれた先攻。しかし魔理沙エンド。相手は諏訪子チルノ日蓮子エンド。これはたいありムード。
返しでアタッカーを追加できず無理な流れに。最後の最後まで粘りましたが河童スコープにとり込み8点で負けました。たいあり。

1-2ドロップです。この日は全体的にダメな日でした。
構築的には自信があったのですが結果がついてきませんね。勝負は時の運とはよく言いますがつらいものがあります。
次の公式でこそ壇上を目指します。
ちなみにバトラは花単1勝、人気2勝3敗、ぐりも家2勝の5勝3敗でした。顔見知りでない相手にぐりも家を繰り出すと驚いてくれるので楽しいです。


花単のレシピは絶賛推敲中だったりするのでそのうちあげます。そのうち。
いまからあげおへ行ってきます



ではまた

銀符律ランキング上尾 レポート

  1. 2014/02/06(木) 14:02:06|
  2. 銀符律大会レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
風の有無で体感温度は5度以上違う


いつものあげおです。
公式大会前最後ってことで頑張りました。公式大会につながる結果であればいいですが。
以下レポート。

銀符律ランキング@あげお
参加人数:5人 スイスドロー方式
使用デッキ:花単
1戦目 不戦勝
だろうと思ったよ!!

2戦目 日単 ○
マスパ警戒しながら盤面構築を心がけて打点を通して勝ちました。相手の初手が弱かったのも救いでした。

3戦目 日単 ○
こっちの初手がかなり強かったんですがアイスキックされました。中盤の引きもそんなに強くなかったんですが相手の引きはそれを上回ってたらしく押し切りました。


結果2-0です。自信につながりましたね。
雪と月との経験の少なさが怖いですがやれることはやりました。あとは公式を待つだけです。花単使います。
花単のレシピと考察も公式大会終わってからにしますね。0-2とか撃沈してなければ更新すると思います。
公式でお会いしましょう。




あ、ヒロプレは1-1でした。

ではまた。

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。