たわむれはおわりじゃ!

銀符律とかヴァイスとか中心に気ままに書く。不定期更新。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第42回銀符律公式大会板橋 レポート&感想

  1. 2014/06/11(水) 19:40:34|
  2. 銀符律大会レポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
なんか誕生日らしいです、私。



先日板橋で行われた11弾環境初めての公式大会のレポートです。感想もちょっとあります。


第42回銀符律公式大会@いたばし
参加人数:31人 スイスドロー方式
使用デッキ:花単

1戦目 月単 〇
2戦目 雪花 〇
3戦目 雪日 ×
4戦目 日単 〇
5戦目 花単 〇

という訳で4-1の壇上です。前回に続いて2連続壇上やったね。
簡単に纏めると、1戦目2戦目は相手のプレミをうまく拾って勝ち、3戦目はイイ感じに負け、4戦目はトップが光り、5戦目は相手のトップが光らなかった。そんな感じです。


と、私の結果はこれくらいにして全体としての結果を見てみましょう


1敗ラインのデッキが
宙日 雪日 月日(妖精) 日単 花単 宙単
です。

同じデッキが一つもありません。見事ですね。
特にレミ咲、さとこいで相手を滅することに命をかけた宙日謎のダークホースである妖精デッキなど面白いコンセプトデッキが上位に入ってきているのがいいですね。環境の変化を感じます。
雪日は相変わらず順当に強い感じでしょうか。単色ビートダウンデッキの3本柱とも言える日単花単宙単が綺麗に1敗ラインというのもビート環境を彷彿とさせますね。
今回の公式大会の結果だけを見る限りでは
様々なデッキが活躍(暗躍)出来る良環境
と言えるのではないでしょうか。



と適当に感想言ったところで〆ます。
次回の新潟公式の結果を楽しみにしましょうね。




ではまた。
関連記事
スポンサーサイト
| BLOG TOP | 銀符律Ver11.0 考察>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。